動脈硬化症予防と顔に出る副作用もあるノルバスク

生活習慣病として知られるようになった高血圧の治療において基本となるのは原因となる生活習慣を改善することです。しかし、生活習慣の改善によって短期間で顕著に血圧が正常値に戻るということはそれほど多いことではなく、血圧が高いままにしておくのがリスクが高いと判断して降圧剤の使用を開始することになるのが一般的です。高血圧を放置してしまうと心臓や血管、腎臓に負担がかかるため、長い目で見ると重篤な疾患を合併してしまうリスクがあります。特にリスクが高いものとして注目されているのが動脈硬化症です。血管に対する負荷がかかり続けることによって、特に負荷の大きな動脈が肥厚してもろくなるのが動脈硬化症です。動脈硬化症になるともろくなった血管が裂けてしまったり、壁が肥厚して細くなった場所で血栓が生じてしまったりすることになります。これが脳で起これば脳出血や脳梗塞となり、生命に関わる事態へとつながってしまうのです。こういった状況に陥るのを防ぐために用いられる降圧剤としてノルバスクが代表的なものの一つです。ノルバスクは降圧効果の信頼性や長年使われてきた経験、少ない副作用といったメリットがあります。しかし、副作用が少ないとはいっても全くないわけではありません。比較的よく見られるノルバスクの副作用として顔のほてりや顔面紅潮といった顔に出る症状があります。その副作用自体にはそれほど害はありませんが、特に女性は見た目に赤くなってしまうことから気にかかる人も多いのが事実です。もし顔に出る副作用が気にかかってしまったら
、医師に相談して別の降圧剤を処方してもらうと良いでしょう。降圧剤の選択肢は広いため、ノルバスクにこだわる必要はないのです。