ノルバスクとお酒の飲み合わせについて

高血圧症は代表的な生活習慣病の1つです。通常、収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上で高血圧症と診断されます。原因は遺伝的要因、肥満などの生活習慣、腫瘍など様々なものが考えられます。高血圧症を放置してしまうと、血管に過度の圧力がかかり続け、血管内壁を傷つけ、動脈硬化が進行してしまいます。これによって、脳出血、脳梗塞などの脳血管疾患、狭心症、心筋梗塞などの心疾患が起こる可能性が高くなってしまいます。このような重大な疾患にかからないためにも日頃からの血圧管理が重要となります。
血圧管理のために、運動療法、食事療法なども行われますが、最も主要な治療法は薬物療法です。高血圧症に使用される薬としてはカルシウム拮抗薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿剤、β受容体遮断薬などが用いられますが、その中でも最も多く使用されているのはカルシウム拮抗薬です。この種の薬は降圧作用が強く、降圧目標を達成するには使い勝手のいい薬です。その中でも代表例はノルバスクです。
ノルバスクの有効成分はアムロジピンというものです。これの特徴としては、頭痛、顔面紅潮、歯肉増強などカルシウム拮抗薬の特徴的副作用が出にくいこと、1日1回の服用で済むことなどが挙げられます。
ここでノルバスクとお酒の飲み合わせに関してですが、ノルバスクの添付文書を見ると、ノルバスクは食事の影響を受けにくいと記載されており、特にノルバスクの効果には影響はありません。ただしアルコールが直接血圧に影響を及ぼす可能性はあります。アルコールは体内で血管を拡張させます。これによって血圧が下がることは考えられます。もしノルバスクと併用すると、血圧が下がり過ぎ、めまい、ふらつきといった低血圧症状が出ることがあるので注意しましょう。

●ノルバスク以外にも高血圧に効果的な医薬品
ミカルディス